ビジネスフォン

ビジネスフォンとは何かご存知ですか?

一般的な電話機はみなさんご存知だと思いますが、ビジネスフォン(ビジネスホン)とは何かみなさんご存知ですか?
オフィスで働いている方は普段から使われているので、イメージはつくかもしれませんが「たくさんボタンがついている電話」・・・それがビジネスフォンです。
ビジネスフォンは、たくさんボタンがついているのでどのボタンを押していいのかわからないなどの悩みも多いと思います。
一般的な電話機とビジネスフォンではボタンの数だけ違うように思われる方も多いですが、実は構造が全く違います。
一般的な電話機は本体に電話線をつなげば使えますが、ビジネスフォンは電話機本体だけでは使用することが出来ません。
ビジネスフォンの場合は外線と内線をつなぐ小型の交換機である「主装置」という機械を通して、各電話機へ電話をつなげていきます。
一般的な電話機とビジネスフォン、どちらをご使用になるかは事業規模や実現したいことにより変わります。
会社から電話をかけているのに代表番号と違う番号で電話がかかってしまうと、受けられたお取引先の方は困りますよね?
実は一般的な電話機では一つの電話機・回線に対して一つの番号で電話しかできませんが、ビジネスフォンでは複数人が同時に電話をかけても、全員が会社の代表番号を使用出来るというメリットがあります。

電話.png

一般的な電話機では内線回しなども出来ないため、同じ社内の他部署に連絡するためにも外線を使用することになり、社内のやり取りにも電話料金が発生します。
また、設置できるのが一台だけ電話機に対して電話番号が紐づくことから、電話を受けた人以外への電話であった場合、離れた場所まで電話を取りに行く必要が生じますし、離れたところで着信していると気づきにくく、大事なビジネスチャンスを失うことになりかねません。
ビジネスフォンでは内線回しや離れた場所で電話を受ける(保留転送)、また複数回線での同時接続が可能です。

ビジネスフォンの導入メリットには少ない電話回線・1つの電話番号を多くの電話機で共有できることにあり、IT化が進む中でも生身の声を通したコミュニケーションは大事なビジネスツールです。コミュニケーションツールを生かしてビジネスチャンスを掴んでいきましょう!